【マツダ・CX-5】vs【ホンダ・CR-V】新型SUV徹底比較!

CX-5vsCR-V

大きさ、価格、燃費、が「ちょうどいい」ミドルクラスSUV市場には、CX-5のライバルとなるクルマが多くあります。

ホンダ・CR-Vもその一つ。

オフロード走行を主眼に置いた大型SUVしかなかった時代に、乗用車ライクな都市型SUVとして登場し、モデルチェンジを重ねながら販売が続けられています。

CX-5とCR-V、どっちにしようかお悩みの方、お値段や使い勝手を比較しながら一緒に見ていきましょう。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30 万円の下取りが、買取業者では50 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。 CX-5値引き下取り

【マツダ・CX-5】vs【ホンダ・CR-V】価格とグレード比較

CX-5のグレード展開と価格

ガソリンとディーゼル、2つのパワーユニットを設定。

それぞれ3つのグレードが用意されています。

  1. 基本グレードのSまたはXD:¥2,570,400〜
  2. 安全装備が充実した PROACTIVE:¥2,802,600〜
  3. PROACTIVEに快適装備を充実させた L Package:\3,018,600〜

売れ筋は、パワーと経済性をあわせ持つディーゼルエンジンを搭載し、先進安全装備も充実したXD PROACTIVEです。

CR-Vのグレード展開と価格

パワーユニットは、ガソリンとハイブリッドの2種類。

それぞれ2つのグレードが用意されています。

  1. 基本グレードのEX:¥3,230,280〜
  2. 快適装備を充実させたEX・Masterpiece:¥3,591,000〜

小排気量で必要十分なパワーのガソリンエンジンを搭載し、本革シート等の装備が充実したEX・Masterpieceが売れ筋です。

パワーユニットの選択肢と、グレード展開の幅広さはCX-5に軍配が上がります。

CR-Vがガソリン1種類とハイブリッド1種類に対し、CX-5にはガソリン3種類、ディーゼル1種類と合計4種類のエンジンが設定されており、ニーズに合わせて選べるのが魅力。

大家族や多人数乗車の機会が多い方は、ガソリンモデルなら7人乗りも選べるCR-Vが有力な候補になりますね。

【マツダ・CX-5】vs【ホンダ・CR-V】外寸や取り回し比較

外寸(全長×全幅×全高 単位:mm)

  • CX-5:4545×1840×1690
  • CR-V:4605×1855×1680(4WD車は1690)

CR-Vが全長で60mm、全幅で15mm大きく、全高はFF車で10mm低くなっています。

自宅が都心部など、車庫や駐車場の長さや幅の制約が厳しいと、CR-Vの全長や全幅の増加分は購入をためらってしまうポイントになるかもしれません。

高さに制約がある場合は、10mm 低いCR-VのFF車が選択肢になりますね。

郊外に住んでいて、駐車場のサイズに制約が無いような環境であれば、特に気にする必要はないレベルに収まっています。

残念ながら、入庫する車の全高を1550mmに制限している機械式立体駐車場の利用は両車ともNGです。

取り回し

取り回しを比較する際の目安になるのが最小回転半径。

CX-5もCR-Vも5.5mと、数値的には全く同じで差がありません。

ただし、トレッド(左右タイヤ接地面の中心間の距離)については、CX-5が1595mmなのに対し、CR-Vは前1600mm後1610mmとなっており、若干ではあるもののCX-5より数値が大きくなっています。

トレッドの数値が大きいと小回り性能に影響が出るので、全長の60mm増加分も含めると、狭い道での運転や切り返し時は数値以上にCX-5の方が取り回しやすく感じることもあります。

【マツダ・CX-5】vs【ホンダ・CR-V】内寸や荷室の広さ比較

内寸(全長×全幅×全高 単位:mm)

CX-5内装色

  • CX-5:1890×1540×1265(電動スライドガラスサンルーフ装着車1215)
  • CR-V:1970×1550×1230(電動パノラミックサンルーフ装着車1185)

CR-Vのほうが若干大きい程度ですが、ほぼ同じと考えてよいでしょう。

5人乗りでも、大人4人もしくは大人3人に子供2人程度でゆったり乗るような使い方がちょうどいいでしょう。

屋根が開いて手軽に開放感を得られる電動サンルーフですが、装着すると室内高が減少してしまうことにはご注意ください。

荷室の広さ(後席使用時奥行き×最小幅×高さ)

  • CX-5:950mm×1050mm×790mm
  • CR-V:950mm×1045mm×850mm

後席使用時の高さについてはCR-Vに分があるものの、数値的にはほぼ互角。

後席を倒した場合はCX-5が1790mmであるのに対し、CR-Vは1930mmと、全長が長いだけアドバンテージがあります。

サーフボードやスキーの板のような長尺物を室内に積み込みたい場合はCR-Vが有利ですね。

両車とも幅についてはタイヤハウスの出っ張り部分間を計測しているため、その部分を避けて積載すれば、たとえばゴルフのキャディバッグのように数値以上の幅がある荷物を横方向に積むことも可能です。

【マツダ・CX-5】vs【ホンダ・CR-V】燃費を比較してみよう

CX-5の燃費

WLTCモード、6ATの数値で、()は4WDの数値です。

  • 2000cc:14.6km/l
  • 2500cc:13.8km/l(13.0km/l)
  • 2500ccターボ:12.6km/l(12.2km/l)
  • 2200ccディーゼル:17.4km/l(16.6km/l)

CR-Vの燃費

WLTCモードの数値で、()は4WDの数値です。

  • 1500cc(CVT):15.8km/l(15.0km/l)
  • 2000ccハイブリッド(電気式無段変速):21.2km/l(20.2km/l)

CX-5が一歩リード!

CX-5のFF・2,000ccモデルはCR-VのFF・1,500ccモデルは両方とも車重が同じく1520kg。

排気量が大きいにもかかわらず、同じ車重であるCR-Vよりも燃費が良いことはCX-5の魅力の一つといえるでしょう。

排気量1000ccの差がある2500ccでも、CX-5は決して大きく劣ってはいません。

CR-Vの燃費競争力はハイブリッドモデルに託されているように見えますが、1500ccガソリンエンジンだと2000ccより自動車税が安いことはメリットですね。

見逃せないのはCX-5のクリーンディーゼルエンジン。

CX-5のディーゼルエンジンは燃費性能でCR-Vのハイブリッドモデルに一歩譲るものの、ガソリンより2〜3割ほど安い価格の軽油を使えるのは車に乗る頻度が高い方には大きなメリットです。

【まとめ】マツダ・CX-5 vs ホンダ・CR-V

サイズ感はほぼ同じで、パッと見では大きな違いがわかりにくいのですが、それぞれに独自の魅力がありました。

ハイブリッドや7人乗りなどCX-5にはない選択肢があるCR-Vですが、その分価格帯がCX-5より高く、最安でも320万円台からと、予算的なハードルが少し上がってしまうかもしれません。

CR-Vより排気量が大きいながらも、CR-Vを上回る燃費をマークし、価格は260万円弱からのCX-5。

コスパ重視ではない方でも、この価格競争力はちょっと目を引きますよね。

おススメしたいのはCX-5のディーゼルエンジンモデル。

環境にも配慮したクリーンディーゼルエンジンはCX-5のラインナップ中で突出した燃費性能を誇り、ガソリンよりも安い燃料価格も追い風となって、海へ山へとアクティブに出かけたくなるSUVらしく、5万キロ、10万キロと走ったあとにランニングコストの安さを実感できるはず。

ガソリンエンジンにはない大トルクで高速道路での追い越しもラクラクです。

クルマを動かすのに不可欠な燃料価格にも、先進の安全性能にも妥協したくないというニーズは高く、XD PROACTIVEが売れ筋となるのも納得できますね。

【CX-5】が値引き金額から更に50 万円安くなる裏ワザ

  • 「この【車種名】、予算オーバーだ…」
  • 「値引きで安く買いたい…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」
  • などなど
【CX-5】の購入を検討しているけど悩みが尽きない… そんな悩みを抱えている方が非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30 万円の下取りが、買取業者では50 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です