【マツダ・CX-5】電源ソケットの場所とおすすめ便利アクセサリー

「あ!充電しなきゃ。CX-5のアクセサリー電源使わせてー!」。

こういう場面、よく見かけます。

一昔前は携帯電話くらいだったのに、今はタブレット、Wi-Fiルーターなど、ふと気づけば常に何かしら充電コードに繋いでいることもしばしば。

特に電池が早く減りがちなスマホを充電するためにも、クルマの電源って結構重要な存在なんです。

今回はCX-5のアクセサリー電源とおすすめアクセサリーについて見ていきましょう。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30 万円の下取りが、買取業者では50 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。 CX-5値引き下取り

【マツダ・CX-5】アクセサリー電源ソケットはどこ?

CX-5電源ソケット

クルマの車内で電源を使いたいとき、昔はほぼすべてのクルマに備わっていたシガーライターソケットから取り出すのが一般的でした。

しかし、喫煙人口の減少とともにライター部分が装備されなくなり、そのかわりにアクセサリー電源ソケットとして使う方法が一般的になってきました。

そんなアクセサリー電源ソケット、CX-5では以下の3箇所に装備されていて、いずれも未使用時にホコリがたまらないように蓋がついています。

  • フロントエアコン操作パネルの左下
  • センターコンソールボックス内
  • リアラゲッジルームの右側リモートハンドルの下

フロントのソケットは前席に乗った人のスマホ充電やドライブレコーダーの電源に使われることが多いですね。

センターコンソールボックス内のソケットはデジカメのように、走行中は使わないけど目的地で使うために充電する際に役立ちます。

コンソールボックスの溝にはコードを通すことができるので、スマホやタブレットなど充電しながら使いたい機器ももちろんOK。

リアのソケットはポータブル冷蔵庫を接続したり、リアゲートを開けてキャンプ時に使う各種機器の電源に活用したりできます。

これらのソケットは、電源ポジションがACCまたはONのときに使用できますが、「最大消費電力120W (DC12V-10A) 以下の電気製品を使用する」ことが決められているので、この値を超えて使用しないよう注意してくださいね。

【マツダ・CX-5】アクセサリUSB電源ソケットもあるぞ

3つのアクセサリー電源ソケット加えて、リアシートのアームレストボックス内にはUSBプラグをそのまま挿せるUSB電源ソケットが装備されています。

出力2.1Aとハイパワーなので短い時間で充電ができますし、使わない時はボックス内にコードを収納できるのもスマートですね。

リアシートに乗車した人はスマホを使うことも多いですし、最近では後席に乗せたお子さんを退屈させないよう、アニメ動画を流したタブレットを持たせる親御さんも多いと思いますが、USB電源ソケットはそんなシーンでも活躍してくれますよ。


ちょっと目新しい使いみちとしては、アームレスト手前にあるカップホルダーにタンブラー形状の加湿器や空気清浄機などを置き、そのための電源として活用するなんてことも。

長距離ドライブであれば車内で過ごす時間が長くなり、車内の空気を入れ替えたいときもありますが、空気清浄機があれば暑い時期や混雑した道路などあまり窓を開けたくないシチュエーションでも車内の空気をキレイに保てます。



暖房による空気の乾燥も気になる冬場は、静電気の発生や肌の乾燥、喉の不調を防ぐのに加湿器が大活躍。

せっかく装備されているUSB電源ソケットですし、少しでも快適な車内空間を保てるよういろいろ役立てたいですね。

【マツダ・CX-5】電源取り出しは要注意!

さまざまな機器を接続できる便利な電源ソケットにも、一つ難点があります。

それは、ETC車載器やドライブレコーダー、カーナビなどの車載機器の電源として接続するとそれだけでソケットが埋まってしまい、スマホやその他の充電ができなくなってしまうこと。

常に電源を必要とするこれらの車載機器は「使うときだけ電源に挿す」というスタイルで使うことは難しいのです。

そのため、電源ソケットは使わずに常時接続やACC電源を接続する必要があるんですね。

ECUの存在にご注意

現代のクルマは、エアバッグ、ATやCVTなどのトランスミッション、車線維持や車間距離制御システムなど、さまざまな分野で電子制御化が進んでおり、それらを制御するコンピューターをECU(Electronic Control Unit)といいます。

むやみやたらに電源を接続しようとすると、このECUの動作に支障をきたす恐れがあり、最悪の場合はクルマが不動になってしまう可能性も否定できません。

電源取り出しはヒューズボックスから

クルマが動かない…なんて悲しいことにならないように、電源は必ずヒューズボックスから取り出すようにしましょう。

ヒューズボックスには車内で使用される電源が集中しており、設定した容量以上の電流が流れると断線することで、それ以上電気を流さないようにしてくれるので、万が一接続先の機器へ異常な電流が流れそうになっても安全に遮断してくれます。

【マツダ・CX-5】これは便利!おすすめアクセサリー

なにはなくともスマホの充電!



電話はもちろん、メッセージの送受信、カメラ、音楽再生と1台で何役もこなしてしまう、今やなくてはならないスマホ。

4人乗車すれば4台のスマホを充電することになるので、1ソケットに1台では足りませんよね。

1台をソケットに接続すれば複数台のスマホを接続できるUSBアダプタや、ソケットそのものを2口に分ける分配器などを活用して、目的地で「電池がない!」なんてオチにならないようにしましょう。

コンセントに早変わり



AC100Vのプラグがついた家庭用の電化製品を使いたい場合はインバーターがおすすめです。

インバーターを電源ソケットに接続すると、クルマから供給された12Vの直流電源が100V交流電源へと変換されるので、あとはインバーターのコンセントにプラグを挿すだけで使えるようになります。

ノートパソコンを充電したり、渋滞時にはお子さんの退屈しのぎにポータブルDVDプレーヤーで映像を再生したり、忙しいお父さんは通勤途中にシェーバーでひげ剃りをしたり、家庭用の電化製品が使えると利便性が大幅にUPしますよ。

冷蔵庫も使えます



リアラゲッジルームの電源ソケットに車載冷蔵庫を接続すると、旅先で買った魚や肉など、その土地ならではの食材の鮮度を落とすことなく持ち運べます。

冷凍機能がついたものなら、近所のスーパーで特売していたアイスクリームをたくさん買ってしまったときも、溶かしてしまう心配がありません。

【まとめ】CX-5電源ソケットとアクセサリ

前席、後席、荷室と、バランスよく設置されているCX-5の電源ソケットはその位置や形状に応じてさまざまな使いみちがあることがわかりました。

力強い走りが魅力のCX-5は、乗る人の快適性や使い勝手への配慮にも余念がありません。

アウトドアのレジャーにも活躍するCX-5だけに、外で電気が使えることは行動の幅を広げる大きなメリットになります。

電源ソケットとアクセサリーをどんどん活用すると、もっとCX-5に乗りたくなってしまいますね。

 

【CX-5】が値引き金額から更に50 万円安くなる裏ワザ

  • 「この【車種名】、予算オーバーだ…」
  • 「値引きで安く買いたい…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」
  • などなど
【CX-5】の購入を検討しているけど悩みが尽きない… そんな悩みを抱えている方が非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30 万円の下取りが、買取業者では50 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です