【マツダ・CX-5】タイヤサイズは19インチか17インチか悩む!

タイヤサイズがオプション選べるCX-5、17インチか19インチというのは何を基準に選んだらいいのか悩みますよね。

車の見た目や乗り心地にも影響するタイヤサイズは吟味した上で購入したいですね。

CX-5は、車体のグレードによって標準装備のタイヤサイズが異なります。

カッコイイから19インチ、コストパフォーマンスが優れているから17インチと安易に決めてしまうとその後のカーライフに影響が出てしまいます。

19インチと17インチのタイヤサイズ、それぞれのメリットやデメリットをまとめてみました。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30 万円の下取りが、買取業者では50 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。 CX-5値引き下取り

【マツダ・CX-5】タイヤサイズは19インチか17インチで悩む

 

定期的な交換が必要なタイヤは、決して安い買い物ではないため慎重に選びたいところ。

メンテナンスやカスタムの面で、車の足回りには特に気を配りたいですよね。

どんなカーライフを送るのかを含めて検討していただきたいタイヤサイズ。

19インチ、17インチ、それぞれのメリットデメリットを確認していきましょう。

19インチのメリットデメリット

CX-5で19インチタイヤが標準装備となっているのは以下の2車種。

  • PROACTIVE
  • XD Lpackage

19インチタイヤのメリット

  • 見た目がカッコイイ
  • コーナリングの運動性能アップ

19インチタイヤの最大のメリットは見た目のかっこよさです。

扁平率が低いため、目に見えるホイールの面積がアップ。

引き締まってカッコイイ見た目になるだけでなく、タイヤのたわみが減るため運動性能、旋回性能に優れます。

その分、17インチよりも価格がアップ。

マツダ公式サイトの見積シミュレーションでみると、17インチ標準装備のオプションで19インチを選択すると54,000円の価格アップとなります。

スタッドレスタイヤも必要ならワンセット多く揃えることを考えると、経済面では苦しみがち。

17インチのメリットデメリット

CX-5タイヤサイズダウン

17インチタイヤが標準装備のグレードは以下の3車種。

  • 0L 20S
  • 5L 25S
  • 2L XD

17インチタイヤのメリット

  • 価格が安い
  • マイルドな乗り心地
  • 種類が豊富

17インチタイヤのメリットはなんといってもコストパフォーマンスの良さ。

19インチに比べて価格も安く、種類も豊富なので好みのホイールが見つかりやすいです。

タイヤの扁平率が上がるためクッション性に優れ、より乗り心地が良くなります。

タイヤサイズ選びの結論

タイヤサイズの違いで価格や乗り心地は大きく変わります。

ドレスアップのためのインチアップ、経済面でのインチダウンと、安易に決めてしまうと、失う性能も多いのです。

車に乗る上で重視したい性能はありますか?

迷った時は、それぞれがもつデメリットを差し置いても、優先させたいメリットが何なのかを考えてみましょう。

  • スタイリング重視:本体も工賃も高額ですが、抜群のルックスと、駆け抜ける喜びを実感。
  • コストパフォーマンス重視:ドレスアップ効果は薄いですが、安く維持してマイルドな乗り心地を実感。

【マツダ・CX-5】タイヤサイズアップはできるの?

標準装備が17インチのタイヤでも、19インチにサイズアップできます。

多少乗り心地が悪くなっても、カッコイイ見た目を重視したいならサイズアップがオススメ。

デメリットである乗り心地ですが、新型のCX-5は初代に比べて改善されていて、実際に乗ってみると意外と気にならないんです。

乗り心地より見た目にこだわる人なら19インチを選択!

自分の車に個性を出して楽しみましょう。

はみ出しに注意!

サイズアップするなら、以下の2点に気をつけましょう。

  • タイヤの外径を変えない
  • 車体への接触やはみ出しに注意

サイズアップで最も重視するのはホイールのデザイン。

しかし、サイズを気にせず選んでしまうと、インセットが合わなくて取り付けられなかったり、外径をはみ出してタイヤハウスに接触するといった不都合が発生します。

外径が変わるとスピードメーターに誤差がでるため、うっかり速度オーバーになりかねません。

また、車体に接触したりフェンダーをはみ出すほどの大きさは法律上認められていないため注意が必要です。

【マツダ・CX-5】タイヤのサイズダウンはできる?

コスト削減や乗り心地を考えてタイヤのサイズダウンを検討する人もいることでしょう。

タイヤはサイズダウンすることも可能です。

夏と冬で2セットタイヤを準備することを考えると、コストパフォーマンスに優れた17インチが優秀です。

球数が多いので選択枠も広がり、選ぶのも楽しくなりますね。

タイヤの質にも注意!

サイズアップの注意点と同じ部分がありますが、根本にあるのは純正サイズと大きく変動させないということです。

タイヤサイズダウンの注意点

  • 外径を変えない
  • 安すぎるタイヤに注意

タイヤサイズ変更の時は、外径を変えないというのが大前提。

CX-5でクルーズコントロールが付いていると、設定速度の上限値を下回って、走行中にもどかしさを感じます。

17インチのタイヤは価格が安くて選べる幅が広がります。

その分、質の悪いタイヤを選んだり、インセットが違うものを選んだり、思わぬ結果に。

車種に対応したサイズかどうか、しっかり確認することが大切です。

【マツダ・CX-5】タイヤ交換方法と交換時の注意点

CX-5タイヤ交換

ディーラーなどに頼むと費用が発生することを考えると、自分で交換した方が安上がりと考えがち。

ですが、一見簡単に見えるタイヤ交換も一歩間違えれば危険が多く、リスキーです。

ベストなタイヤ交換の方法と、交換時の注意点を見ていきましょう。

おすすめのタイヤ交換方法

タイヤ交換の方法は3つあります。

  • 自分で交換する
  • ディーラーに頼む
  • オートバックス等の量販店に頼む

この中でも費用が安く済むのは自分で交換することです。

しかし、手順を間違えたり、タイヤの取り付けが上手くいかないとジャッキポイントの破損や走行中の脱輪といった事故につながります。

オートバックス等量販店では、ディーラーよりは安いですがCX-5に対して特化していません。

自動車メーカーが設定したベストな状態のタイヤを履くなら、CX-5に特化したマツダのディーラーにお願いするのがベスト。

タイヤ交換の注意点

CX-5にはタイヤ空気圧警報システムが搭載されています。

空気圧をモニターして、規定値以下になるとアラームで知らせてくれるありがたいシステム。

ABSホイールシステムから間接的にデータを貰っているので、タイヤ交換で空気圧が適正なうちに初期化しましょう。

ハンドル右側に空気圧セットボタンがあるので長押しすれば初期化完了。

その後もタイヤに何かあればメッセージをくれるので、状態確認の参考になりますね。

【まとめ】CX-5のタイヤサイズと交換時の注意点

CX-5のタイヤサイズ、19インチも17インチもそれぞれにメリットがあってどちらも捨てがたいと感じます。

車に乗る上で重視する点に合わせた選び方がポイントです。

見た目が悪くても安さを重視するなら17インチ。

コストパフォーマンスの良さで維持もしやすく、乗り心地がいいので子供にも優しいですね。

乗り心地を犠牲にしても見た目重視なら19インチ。

コーナリングの安定、スポーティなルックスといった、走りへの喜びを実感できます。

タイヤ選び、交換が終わったら、空気圧警報装置の初期化も忘れずに。

 

【CX-5】が値引き金額から更に50 万円安くなる裏ワザ

  • 「この【車種名】、予算オーバーだ…」
  • 「値引きで安く買いたい…」
  • 「ディーラーを回るのは面倒…」
  • 「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
  • 「ディーラーの売り込みがイヤ…」
  • などなど
【CX-5】の購入を検討しているけど悩みが尽きない… そんな悩みを抱えている方が非常に多くいらっしゃいます。 家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず、また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。 そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30 万円の下取りが、買取業者では50 万円になることも多々あります。 一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10 社が あなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的に値段が吊り上るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です